立川女子高等学校

立川女子高等学校

  1. トップページ
  2. 立川女子高日記
  3. 授業カテゴリ

4月20日金曜日、第1学年は校外研修として「高尾登山」を実施しました。
takaoh30-3.jpg

高尾登山を通して、
①山と日本の心に触れる
②班行動に必要なルール守る
③クラス内の親睦を深める
ことを目的としました。

当日は快晴で登山日和。
新緑の中を歩き、頂上では富士山を眺めることが出来ました。
本校の生徒以外にも、小学生や幼稚園児、外国の方など様々な人が登山を楽しんでいて、高尾山は「人から大切にされている山」だと思った生徒もいたようです。

takaoh30-4.jpgtakaoh30-1.jpg
takaoh30-2.jpg

特別講座で山の講話を聞いてからの登山だったので、山の恵や山に感謝する理由などをより実感でき、どの班も集合場所や時間を間違えることなく、楽しく登山することが出来ました。

1月24日の5・6時間目、進路指導部主催の「進路の日」が行われました。

本校で毎年実施している進路メニューの1つで、大学・短大や専門学校の先生方にお越しいただき、
模擬授業や体験授業を行っていただきます。
また、就職希望の生徒向けに、高卒で就職するまでの流れについての説明もありました。

今年も全部で35の講座が開講され、1・2年生全員が自分の希望する分野の講座を受けました。

IMGP1647.jpgIMGP1661.jpg
IMGP1680.jpgIMGP1609.jpg

IMGP1615.jpgIMGP1624.jpg
IMGP1628.jpgIMGP1634.jpg
IMGP1651.jpgIMGP1701.jpg
IMGP1675.jpg








それぞれ各学校でどんな事を学ぶのか、また高校時代にこんなことを勉強しておいてほしいといったアドバイスもいただき、生徒たちは一生懸命メモを取りながら、講師の先生方の話に耳を傾けていました。
また、実習でいろいろな体験をさせていただきました。

生徒の皆さん、進路決定の参考になったでしょうか?

立川市中央図書館主催の読書ウィーク企画「立川POPバトル2017」に本校の生徒が多数参加し、
本校3年生のPOPが人気投票1位と2位に選ばれました。

立川市内に在住・在籍の中学生・高校生が自作のPOPを応募し、図書館来館者が
投票をしてくださいました。

DSC_0752.jpg
                 1位に選ばれた作品『アイスクリン強し』畠中恵 講談社

DSC_0753.jpgDSC_0754.jpg

2位に選ばれた作品『星の王子さま』サン=テグジュペリ 新潮社  見開きのPOPになっています。


DSC_0755.jpg
                 その他、投票が上位だった作品。

広島国際大学と毎日新聞社主催の「第5回こころからの手紙コンテスト」で、
本校3年の小林希映さんの書いた手紙『双子のあなたへ』が最優秀賞を受賞しました。


小林さんは、高校から別の学校になった双子の妹への感謝の言葉を手紙に綴りました。
11月19日の授賞式では、表彰状をいただいた後、受賞した手紙を朗読しました。
DSC_0609.jpgDSC_0622a.jpg


また、3年の伊藤由梨香さんが奨励賞を、3年の木崎礼菜さんが佳作をそれぞれ受賞しました。


小林さんと伊藤さんの受賞作は、広島国際大学のホームページに掲載されています。

鎌倉女子大学主催の第6回お弁当甲子園に、今年度も本校1年生が家庭科の授業の一環として応募しました。

このコンテストは、食べてもらいたい人を思って作ったお弁当の写真を、お弁当にこめた思いと一緒に応募するものです。

全国から5073作品の応募があったそうで、その中から1年・迫田帆乃夏さんが佳作に選ばれました。
また、立川女子高校が、鎌倉女子大学賞をいただきました。

詳しくは、こちら

浦和大学主催の第1回「おもちゃコンテスト」に応募しました。
これは、1歳から3歳の子どもが安全に遊べるおもちゃを作成するというもの。

全国から応募のあった817作品の中から、本校2年・下田梢さんの作品「おままごとが楽しくなる段ボールキッチン」が最優秀賞に選ばれました。
「手づくり感に溢れ、親子のつながりも想起させ、このおもちゃを前にしたこどもがどのように遊ぶのかを多様に想像させてくれる可能性を示しています。」と審査員の方から講評をいただきました。

また、小峯百合香さんの「しかけ絵本♪」と小松亜里沙さんの「木のつみき」も佳作に選ばれました。

詳しくは、浦和大学のHPからはこちら
      毎日新聞の記事はこちら

9月2日(土)、1学年の特別講座では、アディッシュ株式会社スクールガーディアン事務局の講師の方から、SNSを利用する際のネットリテラシーについて講話をしていただきました。

20170902①.jpg20170902②.jpg

「ソーシャルメディアの危険性と可能性」についてのお話の中では、実際に起こった危険な事例のお話をしていただき、SNSの向こうには危険も潜んでいるのだということを教えていただきました。
使い方を間違えなければ大変便利なものですが、一つ間違えると大切な家族や友人を傷つけてしまうことがあること、内容をあまり気にせずに投稿してしまうことによって、社会に出る際に不利になってしまうことがあることも知りました。

生徒たちは改めて、SNSを利用する時には相手に「どう伝わるか」を意識することの大切さを学んだようです。
分かりやすいお話に、生徒たちも身近にあるSNSの利用について、考える良い機会となりました。

7月15日(土)、一般社団法人 日本自動車連盟から講師をお招きし、「ドライバーの視点から考える自転車通行」について講話をしていただきました。

ライブ動画や映像を見ながら、クイズ形式での実施となりました。
あらゆる危険の可能性があることを知り、自転車走行時の注意点についてよく理解していました。

20170715①.jpg

20170715②.jpg
今日の学びを大切に、自転車走行時は周囲の状況をよく見て安全に走行して欲しいと思います。

2年生の「家庭総合」の授業で、浴衣を製作しました。
自分の好きな生地を選び、手縫いで作りました。
まっすぐ細かく縫うことに、苦戦している生徒も多くいましたが、楽しんで実習をしていました。

1H8A9525.jpg1H8A9530.jpg
1H8A9531.jpg

授業では、着付けも習いました。
先生がお手本を示し、生徒同士わからないところは教え合いながら、全員がきれいに浴衣を着ることができました。
完成した浴衣に袖を通すと歓喜の声が。
1H8A9858.jpg1H8A9865.jpg
最後に畳み方も学びました。
浴衣を畳むとぴったりと四角く収まることに、感動していました。

今年の夏は、浴衣を自分で着てお祭りや花火大会に行けますね。

6月17日(土)、1年生の特別講座は「進路講話」でした。
(株)昭栄の講師の方から高校卒業後の進路について、また進路意識をどのように持てば良いかについてお話を伺いました。
20170617①.jpg
最初に大学・短大・専門学校・就職の違いについてお話がありました。

就職のお話の中では「子どもが好き」を例に、職業の視野を広げる視点を学びました。
生徒は「保育士」の他にも「ベビースイミングスクール」や「フォトスタジオ」などいろいろな選択肢があることを知りました。
20170617②.jpg20170617③.jpg

20170617④.jpg

最後に高校時代に身につけておいて欲しいこと、将来のために今すべきことについてお話を伺いました。

講話を聞いた生徒からは「進路について考えるのはまだ早いと思っていたけど、今から自分の適性を考え、準備していきたい」「毎日の高校生活の延長線上に進路があると実感しました。
積極的に色々なことに取り組んでいきたい」との感想がありました。

生徒たちはメモも取りながら、熱心に話を聞いていました。
自身の進路を考えるためのよい刺激となったようです。