立川女子高等学校

立川女子高等学校

  1. トップページ
  2. 立川女子高日記
  3. その他カテゴリ

立川市中央図書館主催の読書ウィーク企画「立川POPバトル2017」に本校の生徒が多数参加し、
本校3年生のPOPが人気投票1位と2位に選ばれました。

立川市内に在住・在籍の中学生・高校生が自作のPOPを応募し、図書館来館者が
投票をしてくださいました。

DSC_0752.jpg
                 1位に選ばれた作品『アイスクリン強し』畠中恵 講談社

DSC_0753.jpgDSC_0754.jpg

2位に選ばれた作品『星の王子さま』サン=テグジュペリ 新潮社  見開きのPOPになっています。


DSC_0755.jpg
                 その他、投票が上位だった作品。

広島国際大学と毎日新聞社主催の「第5回こころからの手紙コンテスト」で、
本校3年の小林希映さんの書いた手紙『双子のあなたへ』が最優秀賞を受賞しました。


小林さんは、高校から別の学校になった双子の妹への感謝の言葉を手紙に綴りました。
11月19日の授賞式では、表彰状をいただいた後、受賞した手紙を朗読しました。
DSC_0609.jpgDSC_0622a.jpg


また、3年の伊藤由梨香さんが奨励賞を、3年の木崎礼菜さんが佳作をそれぞれ受賞しました。


小林さんと伊藤さんの受賞作は、広島国際大学のホームページに掲載されています。

     2017年11月3日(金) 讀賣新聞

瑞宝小綬章2.jpg

鎌倉女子大学主催の第6回お弁当甲子園に、今年度も本校1年生が家庭科の授業の一環として応募しました。

このコンテストは、食べてもらいたい人を思って作ったお弁当の写真を、お弁当にこめた思いと一緒に応募するものです。

全国から5073作品の応募があったそうで、その中から1年・迫田帆乃夏さんが佳作に選ばれました。
また、立川女子高校が、鎌倉女子大学賞をいただきました。

詳しくは、こちら

浦和大学主催の第1回「おもちゃコンテスト」に応募しました。
これは、1歳から3歳の子どもが安全に遊べるおもちゃを作成するというもの。

全国から応募のあった817作品の中から、本校2年・下田梢さんの作品「おままごとが楽しくなる段ボールキッチン」が最優秀賞に選ばれました。
「手づくり感に溢れ、親子のつながりも想起させ、このおもちゃを前にしたこどもがどのように遊ぶのかを多様に想像させてくれる可能性を示しています。」と審査員の方から講評をいただきました。

また、小峯百合香さんの「しかけ絵本♪」と小松亜里沙さんの「木のつみき」も佳作に選ばれました。

詳しくは、浦和大学のHPからはこちら
      毎日新聞の記事はこちら

6月18日(日)に行われた国際ソロプチミスト立川第9回ユースフォーラム「国際ソロプチミスト立川高校生の主張大会」にて、3年8組の加藤紫音さんが見事最優秀賞を受賞しました。

主張大会は本校吹奏楽部による演奏でスタートしました。
行進曲(K点を越えて)、ホールニューワールド、きゃりーぱみゅぱみゅメドレー等を演奏しました。
ソロプチ吹奏.jpg

主張大会では、優秀賞を受賞した11名が、それぞれの論文を発表しました。
加藤さんは「女性が社会進出できる世の中に」を発表しました。
ソロプチ加藤.jpg

発表した11名の中からさらに最優秀賞が選ばれました。
受賞した加藤さん、おめでとうございます。
ソロプチ加藤2.jpg
なお、受賞した加藤さんは10月1日(日)にウ・タント国連大学で開催される日本東リジョン・ユース・フォーラムに参加します。

本校1年の加藤理子さんが、4月16日(土)に行われた「2016 第12回国際青少年空手道選手権大会」
15歳~17歳女子の部で見事優勝しました。

おめでとうごいます。

IMGP9321.jpgIMGP9327.jpg

昨日、ニューカレドニアのフランソワダシース高校の生徒さん17名が来校しました。
施設見学の後、食堂でランチを食べたり(上手にお箸を使って完食していました)
3d15a2.jpg

お昼休みには、簡単な交流会をしました。
ニューカレドニアの歌の披露があったり、お土産の交換があったり、記念写真を撮ったりとあっという間に時間が過ぎました。

5・6時間目は授業に参加しました。
3d159f.jpg
生徒も必死に、日本語を教えています。何とか伝えたいという気持ちはことばの壁を越えていました。
3d15a0.jpg
放課後は、茶道部によるお手前で抹茶や和菓子の体験もしました。ニューカレドニアには甘くない飲み物や温かい飲み物はないそうで、抹茶に苦戦している人もいました。
3d15a1.jpg

ニューカレドニアはフランス語なので、本校生徒も日本語とつたない英語で一生懸命コミュニケーションしていました。短い時間でしたが、有意義な国際交流の一日となりました。

10月6日に創立90周年記念式典をRISURUホールで行いました。

理事長先生や校長先生のご挨拶の後、同窓会や父母の会の会長さんからお祝いのことばを頂きました。
3d1590.jpg

第2部は、生徒会長のあいさつの後、コンクールで金賞を受賞した「復興」などの披露がありました。その後、昔の写真などを見ながら卒業生や前校長先生をお迎えして懐かしいお話を伺いました。
3d1591.jpg
旧制服を在校生が着ての紹介もあり、在校生にとっては聞いて驚き見て驚きしていました。
3d1592.jpg
最後に、全校生徒で校歌を歌って閉式となりました。かえりには、素敵な記念品も頂きました。
3d1593.jpg

いよいよ、創立100周年へ向けてあたらしいスタートがきられました。

週末が明け、いよいよホストファミリーとのお別れです。
3b8b10.jpg3b8b11.jpg
約2週間一緒に過ごしたファミリーとのお別れは本当に寂しいです。

そしてオーストラリア最終日の思い出作り。午前中は、郊外にあるフェザーデール動物園を訪れました。この動物園ではコアラやカンガルーなどのさまざまな動物たちと触れ合うことができます。
3b8b13.jpg
コアラ。背中やお尻はなでてOK。
3b8b14.jpg
ヤギ。白くてふわふわです。
3b8b16.jpg
カンガルーには餌づけもできます。
3b8b18.jpg
本校生徒に人気のウォンバット。
3b8b1f.jpg
これはエミューです。大きいです。オーストラリアには約500種類の鳥類がいるそうです。カラフルなインコやオウムなどもいました。

3b8b1a.jpg 3b8b1b.jpg
ランチはハンバーガーでした。

午後はシドニー市内とロックス地区を自由散策。お土産もたくさん買うことができました。
3b8b1c.jpg
ロックスはシドニー発祥の地です。古い建物が並ぶ街並みが素敵なところです。

3b8b1d.jpg 3b8b1e.jpg
最後の夕食はグリルドフィッシュでした。シドニーはシーフードが美味しい街なのです。その後、夜の便でシドニーを出発し、今朝、無事羽田空港に到着しました。

長いようで短かった15日間の語学研修。なかなか英語が聞き取れなかったり、伝えたいことがうまく伝えられなかったりして悔しい思いもしました。今回参加した生徒たちにはここで経験したことをきっかけに、それぞれの目標に向かって励んでほしいと思います。本当にお疲れ様でした。