立川女子高等学校
進路指導

進路指導進路指導の取り組み

生徒一人ひとりに
きちんとしっかり向き合います

先生との面談が1年間に5回!

新年度すぐに行われる担任の先生との二者面談から始まり、学期末の三者面談や進路面談など、1年間に5回以上先生と面談をします。日ごろの悩みから将来の進路まで気軽に相談ができます。
また、自分の将来についてじっくり考えられるようさまざまな取り組みを用意しています。一人ひとりときちんと向き合い、それぞれが自分らしく未来を拓けるよう全力でバックアップしていきます。

進路指導の取り組み

3年間の進路計画

3年間の進路計画

進路の日

進路の日

進路活動への知識を深め、また具体的な進路を考える機会として1・2年次に計4回実施します。大学や専門学校の方、企業の方に来ていただき、模擬授業などの体験プログラムを実施しています。その体験をもとに、各校のオープンキャンパスに参加し、夏休み明けには、志望理由書模試を受験します。これら一連の流れを通して、3年次での進路活動がスムーズに行えるよう準備していきます。

進路の手引き

進路の手引

高校3年間での進路計画の立て方から始まり、スタディサプリの活用の仕方、進学編ではオープンキャンパスや志望理由書の書き方、就職希望者への就職活動の仕方から採用選考試験のノウハウまでを網羅し、1年次に配布することで、早い時期から進路への意識を高めます。

進路指導室

広々としていて、いつでも相談しやすい雰囲気の進路指導室。大学・短期大学・専門学校のパンフレットや、進路指導担当教員が厳選した情報誌などが置かれており、自由に閲覧できます。教員と生徒が一対一で向き合い、本人の目標を尊重した指導を行なっています。

スタディサプリ・到達度テスト

基礎学力の向上と学習習慣の確立のためにスタディサプリを取り入れています。4月と1月に到達度テストを実施することで自らの苦手分野を特定し、一人ひとりに合わせた連動課題を通して、苦手科目の克服を目指します。さらには、定期試験対策や各種資格の受験勉強対策など自分のペースで学習を進めることも推奨しています。また、「活動メモ」を使い、高校生活でのさまざまな経験や学びを記録していきます。この記録は入試や就職試験で、自分の強みを伝えることに役立つだけでなく、大学などから求められるポートフォリオ(活動の記録)につなげていきます。

スタディサプリ

進学講和・進路講和

卒業生講話

卒業生に来校してもらい、在校中の様子や進学や就職をしてからのやりがいや苦労話を聞き、自分のこれからの進路選択の参考にします。