立川女子高等学校

立川女子高等学校

  1. トップページ
  2. 学校紹介 >
  3. 学校長メッセージ

学校長メッセージ

 本校は、多摩地区で最も歴史と伝統のある私立の女子校です。創立92年を迎えます。
創立以来「愛と誠」を校訓に、誰からも愛される真心を持った女性の育成に取り組んできました。
生徒はみな、かけがえのない貴重な存在です。一人ひとりにそのことに気づかせ、
自信を持たせ、たとえ、わずかな空間であっても光を放つことのできる人間に
育てていきたいと考えています。
そのためには、競争に勝つための学びだけではなく、支え合う学び、一人ひとりの疑問や
興味を尊重し、それらを吸い上げ、深めていけるような学びも大切にしていきます。

 女子校では、女子だけですべてを役割分担して、責任を果たさなくてはなりません。
これまでも、リーダーとしての役割を与えられ伸びていく生徒を多数見てきました。
ぜひ、女子校でこれまでになかった自分を発見し、新しい自分を育てていってください。

 高校3年間は人生の中で一番成長するときです。3年間はあっという間に過ぎていきます。
一日一日を大切にして、勉強に取り組み、先生の話を聞き、友人と語り合い、
クラブにも積極的に取り組んで、多くのものを吸収し、自分を形成していってほしいと思います。
教職員は全力で応援します。

学校長

学校長 桃井尚志