立川女子高等学校

立川女子高等学校

  1. トップページ
  2. 学校紹介 >
  3. 建学の精神

建学の精神

教育は「愛と誠」の教育でなければなりません。 真の愛と誠に近きものは家庭にあります。
師弟は精神上の親子として温情教育絶対に必要です。
いうまでも無く教育は個性を発揮せしむる事にあります。女子の個性はどうしても良妻賢母に在ると信じます。
良妻賢母の魂は徳性と貞操に在ると信じ、之を以って女子教育の方針としています。

本校は、建学精神と伝統を十分に受け継ぎながら新しい時代を前向きに生きる、
知性豊かな女性の育成をめざしています。

1.心と心のふれあい

〜自己愛から友愛、そしてヒユーマニズムヘ〜
ホームルーム担任制によるきめ細かな指導を通して、教師と生徒との温かいふれ合いをはかり、学校行事・クラプ活動等の充実した学園生活の中で、人間性豊かな愛と誠を育てる。

2.幅広い知識と確かな判断

〜学び、考え、行動する人へ〜
個性・能力にあった充実した教科指導により、一人ひとりの可能性を広げ、日常の学園生活を通してモラル・マナーを学ぴ、社会性と品位ある女性を育てる。

3.自信を持つて前向きに生きる

〜ひとりひとりの夢の実現へ〜
目標達成のための重点的学習と、親切で丁寧な指導により確かな進路の選択をうながし、希望と誇りをもって明日の社会を自主的に生きる力を育てる。